サックス奏者、田村真寛のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新スケジュール(11月6日更新)

最新スケジュールはこちら!

―  9月29日(金) クローバー・サクソフォン・クヮルテット リサイタル(大阪)
― 10月14日(日) クローバー・サクソフォン・クヮルテット リサイタル(東京)
― 10月21日(日) 埼玉県立近代美術館 ミュージアムコンサート(埼玉)
― 11月 2日(金) ブリッツ・ブラス こどもブリッツ(東京)
― 11月 4日(日) 榮萌果(pf)+地行 美穂(vn)+田村真寛(sax)(東京)
― 11月27日(火) ブリッツ・ブラス第12回定期演奏会(東京)
― 12月12日(水) ブリッツ・ブラス こどもブリッツ(神奈川)
2013年
―  1月11日(金) ブリッツ・ブラス ニュー・イヤー・コンサート(東京)
―  2月17日(日) クローバー・サクソフォン・クヮルテット コンサート(埼玉)


通常記事はこの下にあります。

スポンサーサイト

明けましておめでとうございます。

すっかり更新が滞っていつの間にか年が明けてしまいました。
先月いよいよ30歳にもなりました。

昨年も応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
30代に突入して新たに踏み込んだ一年、更なる飛躍ができるよう貪欲に歩いていきます!

新年一発目は、東京工業大学混成合唱団の演奏会で、横浜シンフォニエッタの一員としてウォルトンの「ベルシャザールの饗宴」という作品に参加します。

なかなか演奏されない作品ですが、合唱の世界ではかなり有名なもので、とても華やかでいかにもブリティッシュなきらびやかさがあります。
めずらしくサックスは吹く箇所がたくさんあります。

だいたいオーケストラの中のサックスはソリスティックに扱われることが多いから、こういった他の楽器とたくさん絡む場面があるのは非常に嬉しいですね。
本番は5日に東京芸術劇場で。

来週にはブリッツブラスのニューイヤーコンサートもあります!
バーンスタインのキャンディード、シンフォニック・ダンス、それからガーシュインのラプソディ・イン・ブルー、パリのアメリカ人と、オールアメリカン!
ド派手に新年を祝います。
ぜひご来場ください!

1月11日
ブリッツ・ブラス ニューイヤーコンサート
渋谷区総合文化センター大和田 さくらホール

ブリッツ・ブラス第12回定期終了!

ブリッツ・ブラス、第12回定期演奏会にご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。
久しぶりに吹奏楽のオリジナル作品にどっぷりと浸かった、充実のプログラムでした。

西村さんとの音楽づくりは、前のブログでも書いた通り僕のルーツの大事な一部分で、本番中に演奏しながら、「あぁ、やっぱりここだったんだ」と思いました。

演奏する喜びを純粋に感じることができた、印象的な仕事でした。
これがしたくてこの道に入ったんだよな。

ブリッツ・ブラスの今後の活動は以下の通り。
12月12日 相模大野(コドモブリッツ)
2013年1月11日 渋谷(第13回定期演奏会)
ぜひまたお会いできるのを楽しみにしております!

ブリッツブラス第12回定期

いよいよ本日よりリハーサルが始動。
今回の指揮は僕がブリッツブラスの一員になってから初の客演指揮。
西村友さんです。

非常に熱いパッションを持ち、どこまでもストイック。
今までの松元さんの振るブリッツとはまた一味違った面白さが出てくるでしょう。

実は西村さんと僕はもう15年ほどの付き合い。
僕が高校時代、通っていた学校の吹奏楽部には入らず(音大受験の準備や練習のため、個人の時間が取れなくなるから)、それでもやっぱり吹奏楽はやりたくて、知人の紹介で「面白い指揮者がいるから」と誘われ社会人の吹奏楽団に入り、そこで出会ったのが西村さんでした。

僕が音楽的に非常に強い影響を受けた一人です。
おまけにしかも実はその一般団体で弟の哲も一緒に吹いていて、今回も隣で一緒に吹いているという。

あれから倍の歳をとり(!!!)、今回このような形で一緒に仕事をするのは非常に感慨深いものです。
本番に向けどのように音楽が構築されていくのか、とても楽しみ。

どれも吹奏楽好きにはたまらない、そして吹奏楽をあまり知らなくてもきっと元気の出る作品ばかり。
本番は来週27日です!
ブリッツ・ブラス 第12回定期演奏会

ありがとうございました!

続きを読む
プロフィール

Tam

Author:Tam
サックス奏者 田村真寛Blog

神奈川県生まれ。O型。
チョコと牡蠣とカレーをこよなく愛す。
東京藝術大学を首席で卒業。
のはずが、単位が足りず首席を惜しくも取り逃し、4年半かけ卒業。
実は大学院にも合格していたが、それもなかったことに。
同大学在学中に安宅賞を受賞。
第3回ジュニア・サクソフォーン・コンクール第1位。
第19回日本管打楽器コンクール、サクソフォーン部門第1位(史上最年少)、及び特別賞を受賞。
CLOVER Saxophone Quartet、東京LURE、東京R合奏団、TRIO1214、科学特捜隊ブラスバンド・クラブ等、ジャンルを飛び越え様々なシーンで活躍中。




TamLOG

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。