サックス奏者、田村真寛のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きまま

きままに音楽会’08
~日韓・サクソフォーン作品の饗宴~


<日時>
6月6日(金) 
17:00開場/18:15開演
※17:15~ プレトーク
林 志宣(LIM Jiesun:作曲家/韓国・延世大学校教授)
「How does the cultural experience affect the musical language of Jiesun Lim?」

<場所>
旧東京音楽学校奏楽堂

<曲目>
岡本 優一/暁鐘
金 眞慶/Space for Soprano Saxophone and Piano
森田 佳代子/In a Dream…?
石 海林/Redundant
西田 直嗣/ピアノとサクソフォーン四重奏のための「輝く朝焼けの彼方に」
洪 承希/十二夜
趙 アラ/Breath for Saxophone Trio
大久保 友子/“Distance” for Tenor Saxophone and Piano
井元 透馬/FANTAISIE pour saxophone baryton
李 昭然/“Spring Breeze” for Saxophone Quartet

<出演>
田村 真寛(SAX)
田村 哲(SAX)
長澤 範和(SAX)
伊藤 あさぎ(SAX)
伴野 和章(PIANO)
日高志野(PIANO)
松岡 あさひ(PIANO)

<入場料>
前売 1500円/当日 2000円(全席自由)


<問合せ>
tk_kimama08@yahoo.co.jp
(松岡)


日韓の作曲家達による新曲の嵐!!
演奏するのも聴くのも大変な曲が多いとは思いますが、なかなか一緒に演奏しない珍しい顔ぶれで演奏します。
ご存知の方も多いとは思いますが、僕には二つ下の弟がいて、彼もまたサックスを吹いています。
この日の一緒に演奏するのは、僕の弟の哲と、昭和音大を卒業して活躍中の長澤範和さん(クローバーの坂口さんの昭和音大時代の同級生でもあります)、そして僕の大学の同級生、伊藤あさぎ。
この4人でクヮルテットをやりーの、ピアノを入れてクィンテットをやりーの、それぞれのソロもありーの、たくさんの新たな曲達に僕らが新たな命を吹き込みます。
ぜひご来場下さい。
チケットのお申し込みはこちらまで→tk_kimama08@yahoo.co.jp
スポンサーサイト

最後のジャズ・ジャイアンツ

今日東京国際フォーラムに、偉大なテナーの大巨匠、ソニー・ロリンズのライヴ(追加公演)を聴きに行きました。

いやーすげぇ。77歳だって。

でもそんな年齢なんて関係なく、一瞬にして耳を奪われた。

「In a sentimental mood」の冒頭なんてちょっと鳥肌立ったなあ。

あんなに自然体でストレスのない発音、そして何よりも「音楽が楽しくて仕方ない」という空気感。

ちょっとチケットは高かったけど、聴きに行って良かった。

いい演奏聴くと、たくさんエネルギーをもらう。

またまたちょっと日がすぎちゃいましたが…

20080516225408
5/13、クローバーのムジカーザでのコンサート、満員のお客様に囲まれ終了いたしました!

今回は新しく取り組む曲が多く、思った以上に演奏するのも聴くのも大変なプログラムになってしまいましたが、なんとか乗り切りました。

クープランの墓の石毛さんによる新アレンジは格別!トッカータなんかクソ難しくて苦労しましたが、かなりいいアレンジに仕上がったと思います。石毛さんありがとう!

林田さんの新曲も素晴らしかった。これもなかなか難しかったけど、なかなかカッコいいです。

思えば120人で満員になるこじんまりとしたハコに、サックス四重奏なんてお客さんからしたらうるさくて仕方なかったかな…
でも最後まで聴いてくださったお客様に、この日も感謝!
一緒に演奏したクローバーの面々にも感謝!
サポートしてくださったいろいろなたくさんの方に感謝!

写真は撮り逃したので、まだ結成5ヶ月くらいのクローバーを。芸大の学園祭、芸祭でグラズノフを演奏した後です。細。。

クローバー強化練習!

20080503133624
今日、明日と丸二日間、13日のムジカーザでのコンサートに向け、クローバーの強化練習をしています。
嬉しいことにチケット完売しました。ありがとうございます。
今回買えなかった方は、また次回にご期待ください。

写真はお昼を食べた、近くにあるなんとレストラン「クローバー」にて。
プロフィール

Tam

Author:Tam
サックス奏者 田村真寛Blog

神奈川県生まれ。O型。
チョコと牡蠣とカレーをこよなく愛す。
東京藝術大学を首席で卒業。
のはずが、単位が足りず首席を惜しくも取り逃し、4年半かけ卒業。
実は大学院にも合格していたが、それもなかったことに。
同大学在学中に安宅賞を受賞。
第3回ジュニア・サクソフォーン・コンクール第1位。
第19回日本管打楽器コンクール、サクソフォーン部門第1位(史上最年少)、及び特別賞を受賞。
CLOVER Saxophone Quartet、東京LURE、東京R合奏団、TRIO1214、科学特捜隊ブラスバンド・クラブ等、ジャンルを飛び越え様々なシーンで活躍中。




TamLOG

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。