サックス奏者、田村真寛のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

士気を高める

20080724000657
20080724000655
20080724000653
夏真っ盛り!
毎日毎日暑いですね!
皆さん夏バテしていませんか?

今日はいよいよ来週にレコーディングを控えたクローバーの練習。
リードのコンディションも整えつつ、練習に励んでいます。12月頭にデビューCD発売予定です。

練習終了後、激うま中華を食らう。
にんにくをもりもり食べて鋭気を養い、香ばしい香りをふんだんに放っております。

そうそう、話は変わって、先日お仕事で富山は魚津へ行って参りました。
海の幸は何でも大好きですが、特に牡蠣は大大大大大大好物。
岩牡蠣の美味しい季節ですね!
「牡蠣は絶対生!」と思ってたけど、この日は焼きしかなくて、それを食べたらなんとまあ…。

悶絶。。

牡蠣、この世に生まれてきてくれてありがとう。

そして運良く花火大会にも巡り合い…

夏!
スポンサーサイト

2008年8月16日

上田村 LIVE
2008年8月16日(土)
17:00開場/18:00開演
@江古田 Buddy http://www.buddy-tokyo.com/
料金:3,000円(ドリンク別)

出演:上田村
      上田 秀一郎(和太鼓)
      田村 真寛(サックス)

問合せ:楽インターナショナル
      03-3481-3571
      http://www.raku.co.jp

協力:楽工房、ガルガンチュア、宮本卯之助商店、
    浅野太鼓楽器店、太鼓の里響和館

新進気鋭の和太鼓とサクソフォーン、
弾けるビート、メロウな響き
ジャパニーズ・アヴァンギャルドがここにある!

ついについに、ワンマンLIVE!!

2008年8月26日

京R合奏団 東京公演
2008年8月26日(火) 夜(詳細未定)
@anoano(東京・大塚)http://www.music-anoano.com/
料金:未定

出演:東京R合奏団
      阿部一樹(Tp) 
      中秀仁(Cl) 
      田村真寛(Sax) 
      木村将之(Cb) 
      名田綾子(Pf) 
      秋田孝則(Per)

問合せ:tokyo-r-music@mail.goo.ne.jp

東京LUREとは別で、でも繋がってて。
きっとおもしろい夜になる。

2008年9月5~7日

行けぇ~イケウーメンタッパーズ!!
劇団Nom'b OriginalMusical VOL.17


2008年9月5日(金) 19:00開演
    6日(土) 13:00/18:00開演
    7日(日) 14:00開演
@THEATRE 1010(北千住駅西口マルイ11階) http://www.t1010.jp/
料金:全席指定
    S席 ¥6,000  A席 ¥5,000  B席 ¥4,000

出演:劇団Nom'b http://nomb.cool.ne.jp/
    
   Nom'b Orchestra
       満島貴子(フルート) 田村真寛(サックス) 原田昌昭(ホルン) 
       仲田一徳(トランペット) 石井弦(トロンボーン) 野本和也(チューバ) 
       えがわとぶを(ベース) レーン・ロックフォード(ピアノ)
       早川裕美(コーラス) 老田美郁(バイオリン) 高崎洋平(ドラムス)

チケット取り扱い:
  THEATRE 1010 チケットセンター 03-5244-1011
  オンラインチケット http://www.t1010.jp
  チケットぴあ 0570-02-9999
  前売開始:2008年7月12日(土)
  1010フレンズ先行予約 7月10日(木)  
  1010窓口販売・予約引取開始 7月14日(月)

珍しくミュージカルのオケピです。
かなり笑えそうです。

2008年9月25日

アンサンブル・カシオペヤ 木管五重奏演奏会
2008年9月25日(木)
18:30開場 19:00開演
@かなっくホール 横浜市神奈川区民文化センター(神奈川・横浜)
  http://kanack-hall.jp/
料金:全席自由 1,500円(学生1,000円)

出演:アンサンブル・カシオペヤ
      黒田聰(Fl)
      中山達也(Ob)
      船木喜行(Cl)
      熊井優(Hr)
      依田晃宣(Fg)
    
    ゲスト/田村真寛(Sax)

曲目:J.イベール:三つの小品
   F.プーランク:ノべレッテ
   ☆H.トマジ:春
   ☆M.ムソルグスキー:展覧会の絵

   ※ ☆のついた曲目に出演。

問合せ:アンサンブル・カシオペヤ 080-2023-9968(黒田)

熊井優さんとは初共演。
恐らくみんな神奈川県出身になるのかな。
トマジの「春」は学生のときに室内楽の授業で取り組み、
マイナーな曲にも関わらず、調子に乗って各地で
何回も演奏しました。モダンな響きはするけれど、
本当に春らしい鳥の鳴き声などがうまく描写された作品。
懐かしい!
「展覧会の絵」も、木管五重奏版があるんですね!
有名な「古城」など、何曲かオリジナル・アレンジとして
サックスも交じります。
お楽しみに!

リズムが唄う

先週金曜日のことだけど、カスケット、という異色な打楽器トリオのライヴを見に、吉祥寺スターパインズカフェに行ってきた。
お世話になっている事務所から紹介され、初めて彼らのライヴを見に行ったのが確か一年前。
以来すっかりハマりこみ、ファンになってしまいました。

彼らの何がすごいって、本当にパーカッションだけで聴衆を湧かせてしまう。
鍵盤楽器はありません(5音くらいのは一瞬使ってたけど、基本はパーカッションのみ)。
和太鼓、小さいシンバルのようなチャッパという鳴り物、コンガ、はたまた自転車のあのチリンチリンってなるベル(!)などなど。

パーカッションだけで、あんなに唄えるなんて。

いい演奏を聴くとエネルギーをたくさんもらいます。

魅せる。

唄う。

心新たに

20080702232857
昨夜のみなとみらいでのダール、そして遅くなりましたが、先週末の浅草橋での東京LURE、共にご来場いただいた方々、どうもありがとうございました!

東京LUREのライヴは、中、阿部、僕とそれぞれオリジナルも持ち寄り、大人が真面目にふざける楽しいライヴとなりました。
暗闇の中、何も見えない状態から何かを掴もうとする。はっきりとはわからないけど、漠然とした目的に向かっていく。
僕の新作「Fishing the unknown fish」はそんな意味合いも込めてのタイトルでした。
一樹の曲もおもしろくてかっこ良かったし、中の「はね」はすばらしかったなー。いいメロディだった!
とにかく三人での創作はとにかく楽しかった!
そしてゲストプレイヤー、ピアノの名田綾子ちゃんもすばらしい。
センスよすぎ。結局いつもいつも助けてもらってるなぁ…

次はこの3人をフロントに構えた、東京R合奏団なるユニットで8月末に小さな会場でやります。
また詳細はupします。

そして、きのうは保科洋先生と、洗足の学生のブラスとダールのコンチェルト。
僕はいろいろ傷はありつつも、保科先生の非常に音楽的な棒さばきと、難しい曲にも関わらず学生たちの懸命な努力に助けられ、ダールの音世界に集中することができました。

ダールのコンチェルト、本当になんていい曲なんだ!
音楽をやってて良かったと本当に幸せを感じる一曲です。

でも……

俺は、

もっともっと、

とにかくもっともっと、

修行をつまなくては。

足りない。

足りなすぎる。
プロフィール

Tam

Author:Tam
サックス奏者 田村真寛Blog

神奈川県生まれ。O型。
チョコと牡蠣とカレーをこよなく愛す。
東京藝術大学を首席で卒業。
のはずが、単位が足りず首席を惜しくも取り逃し、4年半かけ卒業。
実は大学院にも合格していたが、それもなかったことに。
同大学在学中に安宅賞を受賞。
第3回ジュニア・サクソフォーン・コンクール第1位。
第19回日本管打楽器コンクール、サクソフォーン部門第1位(史上最年少)、及び特別賞を受賞。
CLOVER Saxophone Quartet、東京LURE、東京R合奏団、TRIO1214、科学特捜隊ブラスバンド・クラブ等、ジャンルを飛び越え様々なシーンで活躍中。




TamLOG

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。