サックス奏者、田村真寛のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱い連休

連休は、島根の益田に行ってきました。
昨年も呼んでくださったアマチュアビッグバンド、TAPASCONの海の日LIVEに出演してきたのです。
今年も呼んでくれて本当に嬉しい!

もはや僕の「友達」といえる人の半分くらいは益田にいるんじゃないか、と思えるくらい仲良くしていただいています。

LIVEは、本当にエンターテインメント性の高いものでした。
演奏ももちろん、トークやパフォーマンスでお客さんを沸かす沸かす。
なかなかできないことです。

とにかく僕も拙いアドリブながらもとことん楽しませてもらいました。

しかしこの益田との往復、毎度朝がきつい!
羽田との直行は一日一往復。

だいたいいつも直行で行くんだけど、羽田を7:20に発ち、約1時間半で石見空港に着く。
帰りは羽田から来た飛行機がそのまま羽田にとんぼ返りなので、9:20の石見空港を発つ。

でも、音楽を通じて、こんな遠くの人たちと知り合って仲良くなれるなんて、やっぱり音楽は魔法ですね。
TAPASCONのみんな、益田のみんな、お世話になりました!

スポンサーサイト

慌ただしい七夕。

昨日、晴海トリトンスクエアにお越しくださった方々、どうもありがとうございました!
平日の昼間にも関わらず、多くのお客様に聴いていただき、とても幸せでした。

だいぶ湿気のムンとした空気で、あまり汗のかかない僕もさすがに汗だくでしたが、2年振りに僕のアレンジした「たなばたさま」を再演できたし、あの暑さもあってややピッチに苦しみながらも、集中して演奏に臨むことができたかなと思っています。

またこの日のコンサートは、地元ボランティアのスタッフの方々の協力があってとのこと。
本当に感謝です。

さて、晴海でのコンサート後は、実は僕と林田さんは東京都交響楽団の「イマジン七夕コンサート」に出演するため、あまり余韻に浸ることもなくサントリーホールに向かったのでした。
本番のはしご、かなり久しぶり。

この日のコンサートは、ピアノの山田武彦さんがガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルーを、ギターの渡辺香津美さんがロドリーゴのアランフェス協奏曲を、バンドネオンの小松亮太さんがピアソラのバンドネオン協奏曲を、そして師匠でもある須川展也先生が吉松隆のサイバーバード協奏曲を一夜に一気に演奏するというもの。

なんとも贅沢なコンサートです。
僕はラプソディ・イン・ブルーに林田さんと、芸大の後輩である細川紘希と出演でした。

本当にどのプレイヤーもすばらし。
小松さんは、高校生のときによくCDを聴いていたけど、生で聴いたのは初めて。
エネルギッシュなパフォーマンスにパワーをもらいました。

そして今日は東京文化会館に、クラリネットのカルボナーレのリサイタルを聴きに行ってきました。
これまたすごいものを聴いてしまった!
テクニックもすごいんだろうけど、表現の多彩さ、引き出しの多さに感激。
どんなジャンルの曲を演奏しても、きちんとそこの言葉づかいを踏まえつつ、自分の世界を切り拓いていた。
チャーミングなエンターテイナーでした。

エネルギーをたくさんもらって充実の二日間でした。
プロフィール

Tam

Author:Tam
サックス奏者 田村真寛Blog

神奈川県生まれ。O型。
チョコと牡蠣とカレーをこよなく愛す。
東京藝術大学を首席で卒業。
のはずが、単位が足りず首席を惜しくも取り逃し、4年半かけ卒業。
実は大学院にも合格していたが、それもなかったことに。
同大学在学中に安宅賞を受賞。
第3回ジュニア・サクソフォーン・コンクール第1位。
第19回日本管打楽器コンクール、サクソフォーン部門第1位(史上最年少)、及び特別賞を受賞。
CLOVER Saxophone Quartet、東京LURE、東京R合奏団、TRIO1214、科学特捜隊ブラスバンド・クラブ等、ジャンルを飛び越え様々なシーンで活躍中。




TamLOG

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。