サックス奏者、田村真寛のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い才能

僕は27歳。
まだ正直若い。若僧です。
でも僕よりも若い人たちでも素晴らしい才能を発揮している人たちももちろんたくさんいるわけで…。
そんなに「自分も若い」なんて言ってられないなと。
てか、実際もう若くはない!
腹が出てきたとか(ただの食いすぎ飲みすぎ)、階段でばてるとか(ただの運動不足)、そういった話ではなく、「若い」という言葉に逃げようとしているのか。

とにかく、ここ数日、影響を受けるものが多かった!
先週は読売日本交響楽団でラプソディー・イン・ブルーのリハーサルと東京芸術劇場での本番。
なんと若干マエストロは26歳の川瀬賢太郎さん!ソリストのピアニストも高校三年生の北村朋幹さん。
どちらも本当に素晴らしかった!
でもそれと同時に悔しさも覚える…。

そしていつも深く考えさせられるあのマンガも発売。
長い時間をかけて、セリフのないシーンでも、そこにある空気と時間を創造しながら読みました。
SN3J0103.jpg
武蔵、かっこいいぜ!
おつう、かわいい!

それからきのうは洗足での田村門下おさらい会。
僕の門下では年4回のおさらい会をしたのでみんな超多忙!
僕もなるべく演奏するようにしています。
やっぱりね、「締切」の力って大きいんです。
背水の陣というか、人は崖っぷちに立たされた時普段では想像つかない力を発揮する。
本番直前になるとみんなぐんと伸びるんです。
場数は多ければ多いに越したことはないのです。

僕は最後にデニゾフのソナタと、ムータ・イン・コンチェルトをピアノ伴奏で演奏。
持ち替えも以前に比べたらすんなりいけるようになってきた。
デニゾフも去年秋頃から初めて取り組んで、ピアノとの合わせなんて「どうずりゃいいの?!」って思ってたけどなんとかなるようになってきたし、ムータのバリトンの冒頭が激ムズなんですが、5年前の初演時に比べたらちょっとは吹けるようになってきた。
デニゾフは親友ピアニスト榮萌果ちゃんの東京音大大学院の修了試験で来週本番。
ムータ・イン・コンチェルトもいよいよ来週末!

こんないろいろなことがあった合間に、洗足のレッスンの休憩中、嬉しいサプライズ!
SN3J0102.jpg
一か月遅れの誕生日プレゼント!
ありがとう!
でも、ほくろの位置が左右逆…(笑)
惜しい。
スポンサーサイト
コメント
No title
初コメントです(笑)

たとえ腹が出ていても、田村さんの音は素晴らしいから大丈夫です!

1/31の演奏楽しみにしています!!
2010/01/22(金) 16:08 | URL | まー坊 #BPru6N1E[ コメントの編集]
Re: No title
余計な前置きありがとう(笑)
いつの日か腹はへこませる予定です。

31日、お楽しみに!
2010/01/27(水) 01:45 | URL | Muta #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Tam

Author:Tam
サックス奏者 田村真寛Blog

神奈川県生まれ。O型。
チョコと牡蠣とカレーをこよなく愛す。
東京藝術大学を首席で卒業。
のはずが、単位が足りず首席を惜しくも取り逃し、4年半かけ卒業。
実は大学院にも合格していたが、それもなかったことに。
同大学在学中に安宅賞を受賞。
第3回ジュニア・サクソフォーン・コンクール第1位。
第19回日本管打楽器コンクール、サクソフォーン部門第1位(史上最年少)、及び特別賞を受賞。
CLOVER Saxophone Quartet、東京LURE、東京R合奏団、TRIO1214、科学特捜隊ブラスバンド・クラブ等、ジャンルを飛び越え様々なシーンで活躍中。




TamLOG

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。