サックス奏者、田村真寛のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぶっ

きのうは東京でもまた雪が降りましたね。
その前もずいぶん積もったし。
正直、27歳になった今でも、雪が降るといろいろ面倒になることはわかっていても、テンション上がります。
溶けていくと寂しいし。

よく積もった雪を、昼間日向にスコップで移して溶かす光景を見るけど、「待って!待って!」って思っちゃう。
そのままでいいのにー。

さてさて、きのうは久々に芸大へ行ってきました。
あさってに本番を控えるアンサンブル東風のリハーサルです。
僕が乗る作品は、シュネーベルというドイツの作曲家の「ワーグナー牧歌」という作品。

どんな現代曲が来るかとおそるおそる届いたパート譜を開くと、意外にもすごく音数が少ない。
特殊奏法なんかもないし。

スコアも開くと、いきなり綺麗なH-Durだったりして、きのうのリハーサルで実際に音を出してみて、かなり衝撃。
ほんとに美しかった!

今回のアンサンブル東風のコンサートでは、偉大な有名作曲家の編曲作品(トランスではなくアレンジ)を集め、パロディ的でとても面白いです。
その証拠に…
SN3J0115.jpg
これ、なんとモーツァルトのピアノソナタの「ドーーミーソーシーードレドーー♪」ってあの芸大の入試の副科ピアノでもよくやる有名な曲を練習してる風景です!
こんな編成でやってしまうんですね。
ま、もちろんそっくりそのままやるはずもなく、面白い飾りや遊び、細工がたくさん仕掛けられています。

もう明日ですが、もしお時間ある方は聴きに来てください。
詳細はコチラ
スポンサーサイト
コメント
No title
昨日はレッスンありがとうございました。
自分なんかが受けに行ってもよいものかと不安な気持ちがありましたが、ご丁寧に指導していただいてとても幸せでした。
またの機会ができれば、またよろしくお願いいたします。
2010/02/07(日) 11:10 | URL | sho #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Tam

Author:Tam
サックス奏者 田村真寛Blog

神奈川県生まれ。O型。
チョコと牡蠣とカレーをこよなく愛す。
東京藝術大学を首席で卒業。
のはずが、単位が足りず首席を惜しくも取り逃し、4年半かけ卒業。
実は大学院にも合格していたが、それもなかったことに。
同大学在学中に安宅賞を受賞。
第3回ジュニア・サクソフォーン・コンクール第1位。
第19回日本管打楽器コンクール、サクソフォーン部門第1位(史上最年少)、及び特別賞を受賞。
CLOVER Saxophone Quartet、東京LURE、東京R合奏団、TRIO1214、科学特捜隊ブラスバンド・クラブ等、ジャンルを飛び越え様々なシーンで活躍中。




TamLOG

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。