サックス奏者、田村真寛のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっという間。

なんだかあっという間に日が過ぎてしまいました。

先週の月曜日は、実は案内していなかったのですが(というか全然詳細を知らなかった)、久しぶりに和太鼓の上田秀一郎さんと静岡の川根という町で演奏。
あるイベントの中、ライヴを繰り広げる枠があり、前半はジャズボーカルのマリテスさんを中心とした華やかなステージ、そして後半が僕たちの即興を主体にしたしぶーいステージ…。
という具合で何とも異色な組み合わせのライヴでした。

ひさびさだったなー。上田さんとのセッション。
すごく頭を使って、頭を空っぽにして、新鮮なステージでした。

そう言えばこの本番前日、上田さんと二人で静岡に前入りし(だって翌日の仕込みが朝7時だったから!!)、二人でもちろん飲みに行ったわけですが、ホテルのフロントで勧められた店に行きました。
外観はけっこう落ち着いたお洒落な和風な作りで、期待して中に入ると…
意外にがやがやとうるさい。
しかもよく周りを見渡すと、20~30代くらいの本当に若い女性ばかり!
それなりに広いフロアの中、僕らをのぞいて2人くらいしか他に男性はいなかったでしょうか。

その中でも男二人だけで来てるお客は他にゼロ。
なんだか異様な視線を浴びせられます。

そしてその後気づいたのは…
なんとここの店員、おそらく全員が20代から30代半ばくらいの若いイケメン!
ジャニーズ系からマッチョ系、渋い感じの人まで様々。

なるほど、そういう訳でこういう客層なのねと納得…。
なぜホテルのフロントの方は僕らにこの店を勧めたのだろうか。
まあ確かに食事はそこそこうまかったけど。
そういう趣味に見えたのかな(笑)

その他、先週はクローバーの合わせをしたり、リサイタルの下準備をしたりして、
土曜日は、これまた案内してませんでしたが、玉川学園文化センターで、
作曲家の古曽志洋子先生のプロデュースで「街の小さなコンサート」に出演。

リサイタルに先駆け、
・モーツァルト/フィガロの結婚 序曲
・ベートーヴェン/魔笛の主題による七つの変奏曲

そしてちょっとはオリジナルを、と
・ブートリー/ディヴェルティメント

この日のピアノは、おなじみ高校時代の同級生、榮萌果ちゃん。
ブートリーは彼女とのとても思い出深い作品で、高校三年生のときに卒業演奏会と、ジュニアサックスコンクールで共演しました。
当時、僕がへたくそで一楽章が全然ピアノに乗っかって演奏できず…
毎日放課後、ものすごくゆっくりから何度も何度も合わせに付き合ってもらったのです。

ブートリーは、榮さんと共演するのはその高校生のとき以来。
実に9年振りでしたが、今や一回だけのリハで本番!
成長したものです(笑)

さてさて、リサイタルまで三週間を切ってしまいました。
やはり古典的な作品はハッタリがきかないから難しい。
勉強勉強!
皆様、チケットのお求めはお早めに!
(スケジュールのページからどうぞ!)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Tam

Author:Tam
サックス奏者 田村真寛Blog

神奈川県生まれ。O型。
チョコと牡蠣とカレーをこよなく愛す。
東京藝術大学を首席で卒業。
のはずが、単位が足りず首席を惜しくも取り逃し、4年半かけ卒業。
実は大学院にも合格していたが、それもなかったことに。
同大学在学中に安宅賞を受賞。
第3回ジュニア・サクソフォーン・コンクール第1位。
第19回日本管打楽器コンクール、サクソフォーン部門第1位(史上最年少)、及び特別賞を受賞。
CLOVER Saxophone Quartet、東京LURE、東京R合奏団、TRIO1214、科学特捜隊ブラスバンド・クラブ等、ジャンルを飛び越え様々なシーンで活躍中。




TamLOG

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。