サックス奏者、田村真寛のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅れた花見

リサイタルを終えて、翌日は一件だけ少しリハーサルをした以外はひさびさに少しのんびりと過ごす。
余韻に浸りつつも、満足と悔しさとを感じ、これからのことに更に夢を膨らませた。

アレンジに絞ったプログラミングをしたからこそ、サックス奏者として余計にオリジナルにこだわりたくなった。
使命感みたいなものかな。

とりあえず、もっと練習。
もっと勉強。
そして…もっと刺激が欲しい。

水曜日からは仙台フィルに参加するため、仙台へ。
展覧会の絵で参加させていただきました。
金曜日は秋田で、土曜日は酒田での公演。
どちらも温かいお客様に囲まれ、本当に今その場にいる幸せを感じた。

そして、東京ではリサイタル前であまりゆっくり見ることが出来なかった桜が、仙台と酒田では満開!
なんてグッド・タイミング!
まるで僕が来るのを待っていたかのよう!(笑)

酒田での公演を終え、深夜仙台に戻り一泊、日曜の今日はホテルオークラでのロビーコンサート。
きっとクラシックのサックスなんて初めて聴く人が多いだろうに、先週のリサイタルとうって変わって、がっつりオリジナルプログラム。
ドゥメルスマンのファンタジー、ドビュッシーのラプソディ、クレストンのソナタを演奏。
リサイタルで得たものが相当大きかったみたい。
今までやろうとしなかった表現、見えなかった価値観が湧いてきた。
オリジナルにもっともっと反映させていかないと。


ところで、仙台には高校時代からの親友が住んでいる。
当時音楽コースに在籍していて、40人のクラスの中、なんと女子38人、男子2人。
という特殊な環境の下、苦楽を共にした本当に大切な友人。

もうね、40人中38人も女子がいると、もう女性が女性でなくなります。
女子校でよくそのような感じになると聞くけれど、まさに僕らがいたのは「女子校」で、僕らは存在がかき消された「二人」だった。

運良く本当に彼とは気が合って、今では頻繁に会うことはできないけれど、僕が仙台に行ったときや、彼が東京に来たときには会ったり、飲み行ったりしている。
今回も久々の再会を果たしたわけだけれど、そんな友が去年結婚し、おまけにパパになった。
パパになった同級生は、それはそれはもう僕にはとても届くことのできない大先輩になっていた。
すごい。すごい。大きい。
そして…

自分のことのように嬉しい。
スポンサーサイト
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/04/26(月) 13:43 | | #[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Tam

Author:Tam
サックス奏者 田村真寛Blog

神奈川県生まれ。O型。
チョコと牡蠣とカレーをこよなく愛す。
東京藝術大学を首席で卒業。
のはずが、単位が足りず首席を惜しくも取り逃し、4年半かけ卒業。
実は大学院にも合格していたが、それもなかったことに。
同大学在学中に安宅賞を受賞。
第3回ジュニア・サクソフォーン・コンクール第1位。
第19回日本管打楽器コンクール、サクソフォーン部門第1位(史上最年少)、及び特別賞を受賞。
CLOVER Saxophone Quartet、東京LURE、東京R合奏団、TRIO1214、科学特捜隊ブラスバンド・クラブ等、ジャンルを飛び越え様々なシーンで活躍中。




TamLOG

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。