サックス奏者、田村真寛のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月ハイライト。

3月になってしまいました。
相変わらずだらだらな更新で申し訳ないです。

2月3月は割と落ち着いたスケジュールかと思いきや、なんやかんやとわたわたしています。

いろいろ振り返ると…

・久々に中高生を対象としたクリニックをやりました。
それもわずか2時間。
やっぱりなかなか難しいものですね。
相手が10人以上になってくると手強くなってくる。
そしてこちらがもう20年以上かけて積み上げてきているものをわずかな時間で伝えないといけない。
でも何かしらヒントやちょっとしたきっかけになってくれればいい。
僕も中学1年生か2年生のとき、地区の講習会に須川展也師匠が来てくれたことがあり、その時はもうまさにかじりつくように須川先生の音と言葉に釘付けでした。
あのときの自分の体験を、同じように子ども達にできればいいよなあ。

・洗足の試験を聴きました。
サックスだけ。5日間。総勢約120名くらい?
今年は全部聴きました!
少し自分の聴き方が変わってきた。
単純にうまいか下手かだけじゃなく、うまく言えないけどもっとその内側というか…
4年生はラストステージとだけあって、皆印象深かった。
やっぱり音楽は面白い。

・ブリッツブラスのコンサートマスターになりました!

それに伴い某企画のレコーディングをし、またきのうまで来週月曜日、12日の定期演奏会のリハーサルをしました。
まだまだ手探りですが非常にやりがいのある仕事。
12日夜はぜひ渋谷へお越しください!

・佼成ウインドオーケストラの定期演奏会にエキストラ出演。
指揮は金聖響さん。
すばらしかった。
聖響さんの柔軟でしなやかな棒さばき、そこに乱れることなくアンサンブルをとる佼成WO。
音楽と空気と空間の軸が神がかり的なつながりを見せていました。
素敵な仕事でした。

・苗場にスキーへ!
もうかれこれ15年くらいの付き合いの尊敬する友人であり先輩の指揮者、西村友さんと行ってきました。
実はこう見えてスキーはまあまあ得意。
小学校のときは毎年家族でスキーしてました。
午前中から夕方までガンガンに滑りまくり。

・そして苗場に泊まり、朝出てそのままクローバーの撮影へ。
10月14日(日)東京文化会館、リサイタルやります!
今回はメインにJ.S.バッハのゴルトベルク変奏曲をやります。
というわけでチラシ撮影だったわけですが、シックに燕尾服で。
アレンジ頑張ります。
ぜひご来場下さい!

2月ハイライト以上!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Tam

Author:Tam
サックス奏者 田村真寛Blog

神奈川県生まれ。O型。
チョコと牡蠣とカレーをこよなく愛す。
東京藝術大学を首席で卒業。
のはずが、単位が足りず首席を惜しくも取り逃し、4年半かけ卒業。
実は大学院にも合格していたが、それもなかったことに。
同大学在学中に安宅賞を受賞。
第3回ジュニア・サクソフォーン・コンクール第1位。
第19回日本管打楽器コンクール、サクソフォーン部門第1位(史上最年少)、及び特別賞を受賞。
CLOVER Saxophone Quartet、東京LURE、東京R合奏団、TRIO1214、科学特捜隊ブラスバンド・クラブ等、ジャンルを飛び越え様々なシーンで活躍中。




TamLOG

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。