サックス奏者、田村真寛のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週も今週もボレロってきました。

ちょっとずつ暖かくなってきましたね。
でも先週はまだまだ寒い被災地、岩手県宮古に行ってきました。
東京フィルハーモニー交響楽団にお供させていただき、ボレロを演奏してきました。
僕は久しぶりにソプラノ。相方のテナーは一つ後輩のビューティーサックス、作田聖美ちゃん。
宮古は復興がかなり進んでいる方であるらしく、予想以上に町並みは至って普通の景色でした。
でも少し町のあちこちに足を運ぶと、やはりあきらかに「ここには家があったんだな」とわかるくらい、生々しく土台だけ残された箇所がいくつもありました。
でも皆たくましく生活してらっしゃいます。

夜に訪れた居酒屋さんでも、2メートル弱の津波が押し寄せたものの、基盤は無事残って、畳や壁紙を貼り替え、なんと昨年の5月には営業再開をしていたそう。
そしてここでいただいた海の幸は、僕が今まで口にしたものの中で、間違いなく5本の指には入るうまさ!!
一週間経った今でも鮮明に舌に残る味…
でもそのすべての宮古の味も、そして津波の恐怖もまた同じ海から。
何とも表現しきれない想いを抱きながら、宮古の海を味わいました。

先週末は弟・哲と、ピアノ・榮萌果さんと、とあるお宅のリビングでのコンサート。
1時間ほどのコンサート(といいながらしゃべりすぎたりでついつい1時間半以上…)を聴き、おいしいお料理を皆でおしゃべりしながら楽しむ、というなんとも贅沢、かつ素敵な時間。
生音を身近で感じ、料理も味わうなんて、なんて人間的で有意義なんでしょうか。
いただいたお料理もヘルシーで最高でした!

きのうは5月にやるコンサートの打ち合わせ&決起飲み会。
昨年11月に中東ツアーを行った、和太鼓・上田秀一郎、エレクトリック・ヴァイオリン・須磨和声、僕のトリオ、そしてさらにタップダンスの古庄里好との異色コラボレーション!
いったいどうなってしまうのか、当の本人にもまったく予想がつきません。
でもきっとすごいことになります。
5月12日、日本橋三井ホール。
詳細はまた追ってupします。

そして今日は洗足で音楽感受研究室主催の、人工内耳装用者の方のためのコンサート。
大城さんのソプラノ、僕のテナーでまたまたボレロでした。
といっても小編成のオーケストラで、少しアレンジを加えたバージョンで。
普段演奏しないところも演奏したりでなかなか慣れずにテンパりました。
自分の準備で他のプログラムを聴くことはできませんでしたが、いろいろな試みがあってユニークなコンサートでした。
人工内耳というものをあまりよく知らなかったけど、これはとても意義深いコンサートだったように感じます。
音楽というものが、少しでも多くの人の心に届くようになると良いですね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Tam

Author:Tam
サックス奏者 田村真寛Blog

神奈川県生まれ。O型。
チョコと牡蠣とカレーをこよなく愛す。
東京藝術大学を首席で卒業。
のはずが、単位が足りず首席を惜しくも取り逃し、4年半かけ卒業。
実は大学院にも合格していたが、それもなかったことに。
同大学在学中に安宅賞を受賞。
第3回ジュニア・サクソフォーン・コンクール第1位。
第19回日本管打楽器コンクール、サクソフォーン部門第1位(史上最年少)、及び特別賞を受賞。
CLOVER Saxophone Quartet、東京LURE、東京R合奏団、TRIO1214、科学特捜隊ブラスバンド・クラブ等、ジャンルを飛び越え様々なシーンで活躍中。




TamLOG

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。