サックス奏者、田村真寛のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽の雑記帳 ~フランス~

20070917165245
きのうご来場いただいた方、どうもありがとうございました!

・J.イベール/小品(fl)
・M.P.モンテクレール/カンタータ「パンとシュランクス」より(sop+fl+bn+pf)
・J.イベール/2つの間奏曲(fl+sx+pf)
・H.トマジ/バラード(sx+pf)
・古曽志洋子/2本のバソンのための「語り合う葦達」(2bn)
・H.デュティーユ/ソナチネ(fl+pf)
・F.プーランク/オーボエとバソンとピアノのためのトリオ

古曽子先生の作品を除いてオールフレンチプログラム。
考えてみたら、日本人である僕らがヨーロッパの楽器を使ってフランスの作品を演奏する…ちょっと不思議な感覚。
でも難しいことは考えず、きのうはおしゃれで小粋なフランスの香りに包まれたコンサートでした。
特にプーランクのトリオでは、バソンの小山清さんとの共演は新鮮でした。
本来オーボエで演奏するはずのパートをソプラノサックスで演奏したのでバランスには苦労しましたが、「オーボエでやるよりいい!」という声をいただいて気をよくしています。(もちろんそうじゃない意見もあるだろうけど聞こえてないことにします)
サックス同士でもよく演奏するこの作品ですが、バソンと一緒にやることによって、自分に新たな引き出しが出来たような気がします。
それは小山さんからもらったものではなく、小山さんとの出会いから自然に生まれ出てきたような、そんな印象でした。

明日は南青山マンダラで、ピアノの鈴木さん、和太鼓の上田さんとのライブです。
お時間のある方、ぜひお越し下さい!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Tam

Author:Tam
サックス奏者 田村真寛Blog

神奈川県生まれ。O型。
チョコと牡蠣とカレーをこよなく愛す。
東京藝術大学を首席で卒業。
のはずが、単位が足りず首席を惜しくも取り逃し、4年半かけ卒業。
実は大学院にも合格していたが、それもなかったことに。
同大学在学中に安宅賞を受賞。
第3回ジュニア・サクソフォーン・コンクール第1位。
第19回日本管打楽器コンクール、サクソフォーン部門第1位(史上最年少)、及び特別賞を受賞。
CLOVER Saxophone Quartet、東京LURE、東京R合奏団、TRIO1214、科学特捜隊ブラスバンド・クラブ等、ジャンルを飛び越え様々なシーンで活躍中。




TamLOG

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。