サックス奏者、田村真寛のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のあれこれ。

■初バレエ!
いや、踊ってません(笑)
先週は初めてのバレエのピットの仕事を経験しました。
サックスでバレエと言えば…
プロコフィエフのロミオとジュリエット。
オーケストラだけでの組曲は経験あったんですけどね。
バレエは初。

座った場所の都合、舞台の様子は全くもって見えませんでしたが、組曲とは違って、リアルタイムで「あ、今このシーンか。」と体感できました。
本当にどのシーンも格別の音楽!
どうしてあんなにそれぞれのキャラクターの心情に合ったメロディが書けるのでしょうか。
やっぱりプロコフィエフはすごい!
サックスはかなり登場出番は少ないのですが、それでもかなり印象的に使われることが多く、ずーっと休んでリードがパッサパサに乾いたところで突然吹かなきゃならなかったり、結構シビレマス。
3公演、集中力を使い果たしました。

ブリッツ・ブラス第10回定期のリハーサルがスタート!
ブリッツ・ブラスの記念すべき第10回の定期演奏会のリハーサルが始まりました。
どれもこれも見逃せないですが、やはり僕としてはソロを務めるドビュッシーのラプソディ。
今回のために小野寺真さんに新たにアレンジを依頼。
それも今一般的に広まっているロジェ・デュカスのアレンジではなく、ドビュッシーの原典版を下にしています。
実は、デュカスはオーケストレーションをしただけではなく、和声やメロディ、さらには尺まで変更していた(小節を削っている)のです。
もうサックス奏者の間ではおそらくデュカス版が染みついて違和感があるかもしれませんが、ある意味、よりドビュッシーが書こうとしたものに近づくかもしれません。

他にも、今年の吹奏楽コンクールでも話題を集める福田洋介氏の新作や、ローマの祭等、注目作品が並びます。
本番はもうすぐ!
27日(水)は渋谷へ!
ブリッツ・ブラス第10回定期演奏会

■クローバーのリハーサルをしました。
久々に集まりました。
9月29日(大阪)、10月14日(東京)のリサイタルに向けスタート!
ベルノーの四重奏曲、そして僕がアレンジを進めているJ.S.バッハのゴルトベルク変奏曲を音出し。
ベルノーは以前に一度だけ演奏しましたが、当時気付けなかったことをいくつか発見。
これからどんな風に紐解いていくか楽しみです。
ゴルトベルクは今のところ第5変奏まで出来ました。
楽譜上の問題はさほどなく、とりあえず今までFINALEのMIDI音源でしか聴いてなかったから、とにかく生音で感激。
これはとんでもなく面白くなります!
まだ先になりますが、ぜひ聴いて欲しいです!

<お問い合わせ>
大阪公演 9月29日(土)
 ドルチェ楽器大阪店
 06-6377-1117
 infod@dolce.co.jp

東京公演 10月14日(日)
 インターミューズ東京
 03-3475-6870
 intermuse@opt.gate01.com
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Tam

Author:Tam
サックス奏者 田村真寛Blog

神奈川県生まれ。O型。
チョコと牡蠣とカレーをこよなく愛す。
東京藝術大学を首席で卒業。
のはずが、単位が足りず首席を惜しくも取り逃し、4年半かけ卒業。
実は大学院にも合格していたが、それもなかったことに。
同大学在学中に安宅賞を受賞。
第3回ジュニア・サクソフォーン・コンクール第1位。
第19回日本管打楽器コンクール、サクソフォーン部門第1位(史上最年少)、及び特別賞を受賞。
CLOVER Saxophone Quartet、東京LURE、東京R合奏団、TRIO1214、科学特捜隊ブラスバンド・クラブ等、ジャンルを飛び越え様々なシーンで活躍中。




TamLOG

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。