サックス奏者、田村真寛のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっかりごぶさた…

また空いちゃったなあ…
更新を心待ちにしてた方(いるかな…)、ごめんなさい。。

そういえば今年初更新ですね!

……。

今年もいろいろ目白押しです。前進前進!

まず、伝えるべきこと。それは1月に初めて国際コンクールを受けに行ったこと。それもタイに。

この話をすると、いろんな人に、

「タイ?!そんなところでコンクールなんてあるの?!」

と、もうお決まりのように聞かれます。

そうなんです。あったんですよ。タイで。暑かった。辛かった。臭かった(排気ガスが)。

受けたのは、第2回ジャン=マリー・ロンデックス国際コンクールなるもの。

結果はまぁ今さら報告するまでもなく、ご存知の方もたくさんいるかとは思いますが、残念ながらセミファイナル止まり。

正直、その時は結果に納得いかないところはあったけれど、やっぱり結果は結果。結果がすべて。今は真っ正面からすべてを受け入れてます。

でもこのコンクールで僕が仮に優勝してたとしても、僕はその結果以上の大きなものを得て帰ってきました。

音楽家として本当に大切なものを。

音楽って本当にすごい。

音楽って本当に尊い。

音楽と出会えて幸せだ。

でも僕はまだまだちっぽけな存在。

もっともっと、

深い音楽を追及していかなければ。

もっともっともっと、

人の心に深く入り込む音楽を奏でなければ。

さあ、さらなる高みへ!
スポンサーサイト
コメント
お疲れ様です!
僕の学校の先生でピアニストでもあるKさんから詳しいお話をお聞きしたよ。

誰が何と言おうと僕が1番好きなサックス奏者は間違いなく田村真寛です!

田村くんのほうがドワジーよりも絶対に素直で良い音楽を持っていると思うよ。

これからも頑張ってね。

おれも今年の管打コンに向けてリミッターカットしてフルスロットルで頑張るよ!
2008/03/22(土) 03:08 | URL | イチロー #jk2GnYe6[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Tam

Author:Tam
サックス奏者 田村真寛Blog

神奈川県生まれ。O型。
チョコと牡蠣とカレーをこよなく愛す。
東京藝術大学を首席で卒業。
のはずが、単位が足りず首席を惜しくも取り逃し、4年半かけ卒業。
実は大学院にも合格していたが、それもなかったことに。
同大学在学中に安宅賞を受賞。
第3回ジュニア・サクソフォーン・コンクール第1位。
第19回日本管打楽器コンクール、サクソフォーン部門第1位(史上最年少)、及び特別賞を受賞。
CLOVER Saxophone Quartet、東京LURE、東京R合奏団、TRIO1214、科学特捜隊ブラスバンド・クラブ等、ジャンルを飛び越え様々なシーンで活躍中。




TamLOG

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。