サックス奏者、田村真寛のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ヶ月を振り返る。そしてゴルトベルク完成…!

9月も後半。
前の更新から2ヶ月も過ぎてしまいました。
申し訳ありません。

ありがたいことにこの夏、6月あたりから8月終わりくらいまで本当に忙しくて、ほぼ2、3ヶ月休み無く動き回っていました。
いろいろ印象的なお仕事がありましたが、8月に参加したスターウォーズのコンサートが面白かった!
僕は特にスターウォーズファンではなかったけれど、音楽が本当にどれをとってもかっこいい!
そしてよく出来ている。
きちんとクラシック音楽の歴史を踏襲した作品だと思いました。
サックスが入っていたのは短い1曲だけでしたが、収穫の多い仕事でした。

それからお盆はクリニックで魚津に1週間滞在しました。
去年もお世話になりましたが、やっぱり魚津の魚、酒は本当にうまい。
そして去年は行かなかったオススメという金太郎温泉にも行きましたが、これがまた格別のお湯。
未だにそこに着ていった服に染み付いた硫黄の香が抜けないという強力さ。

とまあ本当に充実していたけど、さすがに最後の方は休日が楽しみで楽しみで仕方なくて…(笑)
その休日にはあまり遠出もしたくないけど、とにかく思い切ってだらける!と心に決め、自宅近くのスーパー銭湯に行き、人工温泉、炭酸泉、岩盤浴、そして焼き肉!
と充実した休日を過ごしました。

そんなわけで大仕事、クローバー用のゴルトベルク変奏曲のアレンジがなかなか思うように進まなかったわけですが、隙間の時間でなんとかやりくりして8月中に完成!!
これは面白くなるはずです!
2012-1014clover.jpg クローバー大阪2012
クローバー・サクソフォン・クヮルテット リサイタル2012
【大阪公演】
9/29(土)19:00 ドルチェ・アーティストサロン(ドルチェ楽器大阪店)
お問い合わせ ドルチェ楽器 06-6377-1117
【東京公演】
10/14(日)19:00 東京文化会館小ホール
お問い合わせ インターミューズ・トーキョウ 03-3465-6870

ドルチェコンサート終了!

実に約2年3か月振りとなった都内でのソロコンサート。
お陰さまで、本当にお陰さまで大盛況でございました。
たくさん助けていただきました。
たくさん支えていただきました。
ありがとうございました。

いろいろ反省すべき点はありつつも、30代を目前に控えた今、個人的には非常に面白く味わい深く感じるここ最近です。
30代とかに限らず、やっぱり勉強を忘れずに生きている人たちは、歳を重ねても常に新しい情報を求めて、自分自身を切磋琢磨し、面白い60代、70代、80代…という風に生きていっているんだろうな。
またやります。

同級生に誕生日プレゼントもできたし今日は良い気分。
明日(15日)は同じく新宿でボレロ。
やるぜ。

きのうは横浜市泉区で、そして明日は新宿ドルチェ!

きのうは横浜市泉区のテアトルフォンテでコンサートでした。
ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。
1時間とはいえ、久々のソロでのある程度長い尺で、練習に日々明け暮れていました。

和やかで優しいスタッフと、温かいお客様に支えていただき、大いに盛り上がりました!
「サックスでリラックス!」ととてもゴロの良いキャッチコピーをつけていただきましたが、リラックスどころか、最後のカルメンファンタジーではエキサイティング!
ガッツリ田村節を堪能していただけたのではないかと思います!

やっぱりきちんと本番に向けた練習をすることは違いますね。
いろいろあって最近は以前にもまして基礎練習に時間を割くようになりました。
それもちょっと今までにはなかったメニューを加えて。
それだけでも少し自分自身にとってはなかなか意義深かったけど、でもやっぱりそれを実際に作品を通して生かしていかないと意味がないし、より広がりが見い出せないなと。
バランスがたいせつですね。
何事も。

そんなわけでいよいよ明日!
アーティストサロン・ドルチェにて18:00よりサロンコンサート。
まだ若干席に余裕があるようです。
お時間ある方は今からでもぜひ!
お待ちしております!
2012-714tamura.jpg
詳細

準備準備。

ここ最近は12日と14日のソロコンサートの練習、そしてクローバーのためのゴルトベルク変奏曲の編曲に追われています。
充実と言ったら聞えはいいが、いかんせんぎりぎりにならないと動かないタイプなもので、めちゃくちゃ背水の陣です。

今日はクローバーのリハーサル。
第9変奏は保留にして、第10変奏まで楽譜は出来上がり!
もう少しで折り返し地点!
がんばるぞー。

ソロコンサートで今回新しく取り組むレパートリーがいくつかありますが、中でも楽しみなのはローゼンブラットのカルメンファンタジー。
ローゼンブラットはロシアの作曲家、ピアニストで、ちょっと失礼な喩えかとは思いますが、カプースチンのようなジャズのイディオムをクラシックベースの楽譜に取り入れて、僕の中では近年お気に入りの作曲家。
まだサックスのオリジナル作品は無いようですが、カルメンファンタジーはクラリネット(またはヴァイオリンン)とピアノ、または2台ピアノなどで演奏されています。
ジャズというよりか、ちょっとロックテイストなのかな。
とにかくかっこいい!
しびれます。

12日 14:00 横浜市泉区文化センター
14日 18:00 アーティストサロン“Dolce”

そしてクローバーも!
ももくろじゃないよ。

お申し込みはお早めにどうぞ!

ブリッツ・ブラス第10回定期終了!

ブリッツ・ブラス第10回定期演奏会、ご来場いただき誠にありがとうございました。
今回はまずいきなりアクシデント…。
最初のチューニングでマウスピースのキャップを外したときに、リガチャーが一緒にするりと抜けてしまい、そのままリガチャーが床に落下。
もう買いたくてもなかなか簡単には手に入らないオリジナルのハリソンが哀れな姿になってしまいました。

たまたま予備で復刻ハリソンを持っていたので、とりあえず代用して対応できたから、まあ万事休す。
でもショック…。
まだヤフオクで買い集めたのが5個くらいあるんだけどね。
その中でも比較的気にいっていたものだけにショックでした。
ま、仕方ない。

いきなりそんなアクシデントでメンバーにはご迷惑おかけしましたが、いろいろ強力な仲間も増え、テンションと集中力が良いバランスで演奏できたのではないかと思います。
ドビュッシーのラプソディも、抜群のサポートをしていただき、本当にお陰さまで気持ちよく演奏させていただきました。
とにかく音色、音世界にこだわって臨みました。

本当に支えてくださるお客様あってのものだと実感しています。
改めて感謝申し上げます。

次回は9月14日(金)、杉並公会堂。
ペリのファンファーレ、ミヨーのフランス組曲、ラヴェルのラ・ヴァルス、ドビュッシーの海等を取り上げます。
ぜひご来場ください。
プロフィール

Tam

Author:Tam
サックス奏者 田村真寛Blog

神奈川県生まれ。O型。
チョコと牡蠣とカレーをこよなく愛す。
東京藝術大学を首席で卒業。
のはずが、単位が足りず首席を惜しくも取り逃し、4年半かけ卒業。
実は大学院にも合格していたが、それもなかったことに。
同大学在学中に安宅賞を受賞。
第3回ジュニア・サクソフォーン・コンクール第1位。
第19回日本管打楽器コンクール、サクソフォーン部門第1位(史上最年少)、及び特別賞を受賞。
CLOVER Saxophone Quartet、東京LURE、東京R合奏団、TRIO1214、科学特捜隊ブラスバンド・クラブ等、ジャンルを飛び越え様々なシーンで活躍中。




TamLOG

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。